スワップ狙いなら・・・3つのリスクを回避策


レバレッジの利用は最大限にチャンスを引き出すために有効なわけですが、リスクもつきものです。スワップ金利を狙う取引なのであれば、このレバレッジを利用しないという方法が一番のリスク軽減となります。

スワップポイントの高い通貨としてよく知られているものにオーストラリアドルがありますが、市場が急落した場合にはその下げ幅も相当なものとなります。この時何倍かのレバレッジを利用して取引をしていたとすると、為替が下がった分の損失がスワップポイントで得られる利益よりも大きくなってしまうことが予想されます。それだけではなく証拠金自体も無くなってしまう状況になることもあるため、レバレッジ利用には大きなリスクも孕んでいるというわけです。

ですからスワップポイントを狙う取引では、レバレッジを利用しない、もしくは最低水準の掛け率で取引するのが賢い選択です。スワップで利益を積み重ねていくには、何よりもオプションを長期間保有するための時間が必要です。レバレッジがかかればかかるほど長期間にわたるリスクは大きくなるということを頭に入れておいて下さい。

次にリスクを軽減するための策として、スワップを狙う通貨の分散や、その他の金融商品で資産運用をバランスよく行うことが挙げられます。
資産運用を分散するということは、たとえ一つの投資が損失続きであっても、他方の投資が利益を出す可能性もあり、損失の割合を偏らせないことにつながります。但し、過去にあったようなサブプライムローンの問題やリーマンショックといった有事、経済に大打撃を与えるような事柄が起きてしまうと、いくら分散して資産運用を行っていたとしてもすべての投資に損失が出るリスクはあります。危機的な何かが起きなかったとしても、資産運用の分散で様々な商品を試すことはそれだけ知識も必要になるということですので、初心者の方はむやみに手を出さずにまずはその商品を知るということから始めてみた方がよいでしょう。

最後に、取引金額をうまく分散してコントロールするのもスワップ狙いの取引においてリスクを減らすことが可能です。
これは、突然起きてしまう有事、経済危機に対して有効なリスク軽減策です。一回の取引をする際に投資する金額を何回かに分けることで、経済危機で失うかもしれない自身の投資金自体を守ることができます。