バイナリーオプションと基礎知識


profoバイナリーオプションは、一定時間後に選んだ銘柄のレートがどうなるのかを予想する取引ですが、その取引の判定には3つの方法があります。

まずはひととおり試してみて、自分にもっとも合ったものを選ぶことをおすすめします。

1.HIGH&LOW

判定時刻に選んだ銘柄のレートが上がるか下がるかのみを判断する方法で、もっともシンプルかつ基本的な取引となります。

2.レンジ

判定時刻までの間に、自分の銘柄のレートが一定の幅(レンジ)内にとどまれるかどうかを判断する方法です。一度でもその範囲からレートが逸脱してしまった場合に負けとなります。

3.タッチ

レンジとは逆に、判定時刻までの間に自分の銘柄のレートが予想の価格に到達するかどうかを判断する取引です。一度でも到達すれば(タッチ)勝ちとなり、もちろん複数回でも同様です。

ここまでの説明を見ていただければわかるとおり、バイナリーオプションはその他のトレードに比べても非常にシンプルでわかりやすい取引です。そのために、投資をやってみたいと考えているにも関わらず、FXや株式などに抵抗のある人にとってはまさにうってつけの取引と言うことができます。

バイナリーオプションの始めるために

バイナリーオプションを始めるためには、その他のトレードと同じように取引をするために口座を容易する必要があります。と言っても、取り扱い業者には様々な業者があり、バイナリーオプション 初心者にはどの業者を選べばよいのか悩んでしまうこともあるでしょう。取引業者自体に優劣が存在するわけではないので、あくまで自分にとって使いやすいかどうかということ基準にして選ぶとよいでしょう。数ある業者の中で、比較的良心的だと思えたのが24オプションとiForexです。一度アクセスしてみてはいかがでしょう。
その際に注目すべきポイントは以下のとおりです。

●指定取扱金額 ●手数料の有無 ●取引可能時間 ●判定方法 ●ペイアウト倍率 ●取扱銘柄

もちろん口座はひとつの会社にしか開設できないということはありません。自分の戦略によっては複数の会社に口座を開設するというのもひとつの方法です。こうした条件をもとに自分に一番あった業者を見つけたら、いよいよ申し込みを行ないます。ワイバイナリーが特に分かりやすいですが、ほとんどの業者がWebサイト上に口座開設申し込みのフォームがありますので、そこから申し込みましょう。数分の簡単な入力で申し込みを完了することができます。

ここで注意しなくてはならないのが、この入力情報に間違いがあったああ意、口座を開設できないということがありますので、本人確認のできる書類(運転免許証・各種保険証・住民基本台帳カード・印鑑登録証明書・住民票など)を見ながら入力することをおすすめします。

サイト上での入力が完了したら、後日本人確認が可能な書類を郵送かFAXで業者に送ることになります。どんな書類が必要になるのか、本人確認の方法などは業者によって異なりますので、申し込みの際に確認しておきましょう。本人確認を終わると審査となり、無事とおることができれば晴れて口座開設となります。その際にはIDやパスワードといった情報が送られてきますので、なくさないように大事に保管するよにしてください。開設した口座に資金を入金することで、バイナリーオプション取引をはじめることができるようになります。