権利放棄・途中清算が可能な取引業者


twバイナリーオプションにおける権利放棄・途中清算とは、設定された終了時間に達する前にエントリーを破棄して清算する方法のことを言います。

バイナリーオプションを取り扱う業者の一部には、このようなシステムを取り入れているところもあり、国内業者ではFXトレード・フィナンシャル、ヒロセ通商、IGマーケッツ証券の3つが挙げられます。

ちなみに海外FXは、そのほとんどでこの権利放棄・途中清算が可能です。Binary88もそんな業者の一つで、フェアで信頼の出来るプラットフォームを提供しています。海外業者を選ぶ際には、是非複数のバイナリーオプション 比較が載っているサイトを参考にするなどして、慎重に業者選びをすることをお勧めします。

それではこの権利放棄・途中清算をどういった場合に利用するかと言うと、大きくわけて2つの場合があります。

1.予想とは逆に価格が動いてしまった場合

設定された終了時刻で清算をすれば、「予想が外れる=掛け金がゼロになる」となってしまいますが、途中で権利放棄・清算を行なうことで、損失をゼロにするとまではいかないものの、掛け金がゼロになってしまうといったことを防ぐことができます。

2.予想どおりに値動きをしたものの、その後の動きがわからない場合

当初は予想どおりの方向に値動きをしたものの、終了時刻までの間に反転してしまうということも往々にしてありえることです。

この反転が起こる前に途中清算を行なうことで、その時点で確実に利益を出すことが可能になります。

当然終了時刻を設定した時に比べて低い倍率での清算となってしまいますが、時間内の土壇場で反転されて掛け金を全て失ってしまうというリスクを嫌う場合には、確実に利益を確保できる方法となります。

このように権利放棄・途中清算とは、理解して活用することでリスクヘッジに大きく役立てることができるのです。

ただし、権利放棄・途中清算の決断後に値が動き、結果として取引を降りたことで損をしてしまうということもありますので、自分の戦略に合わせて利用するようにするとよいでしょう。